返済プランを考えておくこと

カードキャッシングによる融資を受けた事がある人は、意外に多く、成人した人の6割は経験があるといいます。生活費の足しに、交際費に、ショッピングにと、キャッシングの利用目的は人によって様々です。

カードキャッシングとは、融資の引き出しや返済に専用のカードを使うことからついた名称です。借り入れの方法として、口座を指定した上でそこにお金を入れてもらうというやり方があります。

口座のお金を引き出すような感覚で、カードをATMや自動契約機に挿入し、お金を借りるということもできます。カード自体に維持費や年会費は不要で、限度額以下であれば繰り返し融資が受けられます。

銀行ATMは、時間や日によって手数料がかかります。カードキャッシングでお金を借り、後日返す方が、口座引き出しよりも手数料が安いこともあるのです。

カードキャッシングの融資は、短期間で返済をすればほとんど利息がかからないため、手数料より安くなる場合があるのです。

特に無利息融資が可能なキャッシングなら、無利息期間内に返済することでATMの時間外利用料を節約できます。無利息融資は、全てのキャッシングで行われているわけではないですし、回数制限があるところもあります。

あらかじめ、金利0%での融資をしている金融会社はどこかをチェックしておくことで、必要になった時に的確な行動をとることができます。

銀行ATMにカードを挿入し、融資を受けていると、カードキャッシングを使っているというより、自分のお金を引き出している気分になる人が少なくないようです。

キャッシングという言い方をすると紛らわしいですが、その実態は借金です。借金は返さなければいけないという原理原則をわきまえて利用しましょう。

返済不能に陥らないように、カードキャッシングの融資を受ける時には、返済プランを考えておくことが必要です。

カードキャッシングの申し込み

カードキャッシングの融資を受けるには、どうすればいいのでしょう。キャッシングの経験がない人にとっては、具体的な申し込み手順はなかなかイメージしづらいものです。

カードキャッシングを扱っている金融会社を吟味することが、まず第一歩です。申込み方法は、各金融会社によって様々です。書類を郵送してもらう方法や、ホームページの専用サイトから情報を送信する方法などが存在します。

審査は、キャッシングを利用する時には必ずありますが、この頃はほとんど待たずに審査が済みます。キャッシングが利用できるのは、審査を通過してからです。

借り入れ方法は、口座への振り込みなどになります。早いところでは申し込みから数分で融資が受けられます。融資可能な状態になれば、専用のカードが送られてきます。

カード発行には費用はかかりません。このカードを使えば、銀行やコンビニの提携ATMから融資を受けることができたり、借りたお金の返済手続きができます。

このカードを使うことで、以後は改めて審査を受けなくても、限度額以下の借り入れを何回でもできます。銀行のATMからお金を引き出す時と、ほぼ同じ要領で操作ができます。

そのため、借金であることを忘れ、自分のお金のように融資金を使う人もいます。カードから融資を受ける時には、借りたお金であることは心に刻みこんでおくことが大事です。

借りたお金はきちんと返すことが、カード融資の場合にもあてはまりますので、自己責任で融資を受けましょう。

リンク集